【2020年決定版】シドニー旅行 現金VSクレジットカード どちらがお得なのか?

オーストラリア

●現金いくら持っていったらいいの?

●クレジットを使うべき?

●両替はどうしたらいい?

という方必見です!

海外に行くときどこの国でも気になるのが現金を使うべきか、クレジットカードを使うべきか。

この問題はオーストラリアだけでなくどこでもついてきますが、今回はオーストラリア、特にシドニーに限ってお話していきます!

シドニーでお得なのは現金なのか、クレジットカードなのか?

オーストラリアと日本のお金事情から見ていきましょう。

1 オーストラリアのお金事情

オーストラリアはそもそもカード大国です。

日本でみなさんが使うよりも圧倒的にクレジットカードもしくはデビットカード払いが多いです。

もちろん現金も使えますが、カードが主流であることは確かです!

両替は日本でしない方がいい?

海外へ行くときに少しだけでも日本で両替して行こうとする人が多いですが、これはNGです。

両替を日本でするのは最終手段と言ってもいいくらいです(笑)

理由は簡単です。レートが全然違います。

オーストラリアを例にあげて見てみましょう。

2020年1月現在のレートは約76円です。

仮に10000円をオーストラリアドルにしたとしましょう。

  1. 日本で両替した場合 10000÷80=125AUD
  2. オーストラリア国内で両替した場合→10000÷78=128.2AUD

10000円の換金でも約3ドルの差が出てしまいました。(あくまで例です)

必ずしもこの差が開くわけではないですが、オーストラリア国内で換金した方が圧倒的にお得です!

1ドル=76円なのにどうして80円や78円で計算されるかと言うと、この数百円が換金所の利益になるからです。

日本国内で両替する場合は、オーストラリアドルが日本国内に少ないから手数料を多くとられると思っていてください。

逆にオーストラリア国内ではたくさんのオーストラリアドルがあるのでそんなに手数料は取らないということになります!

円安?円高?

2020年現在日本とオーストラリアのレートは円高傾向にあります。

円高傾向というのは簡単に言うと、海外旅行では「得する」傾向です!

2020年1月現在約76円のレートが、3年前は約86円と10円ほど高かったです。

どういうことかと言うと、76円で1ドルを買うか、86円で1ドルを買うか、という違いです。

当然76円で1ドルを買った方がお得ですよね!オーストラリアでの1ドルの価値は変わりませんから!

昔に比べると日本から見たときオーストラリアはかなり円高になったので、旅行ではお得になりました!

高いイメージがあるオーストラリアですが、昔に比べるとかなり旅行しやすくなったと思います。

オーストラリアの料金設定

オーストラリアではどんな金額設定なのか気になりますよね!

たとえ円高になったとは言え、物価が高いとあまり意味ないですからね。

実際にオーストラリアで食事をするときの金額を例に挙げてみましょう。

食べるものによって様々ですが、一般的な食事であれば

  • ランチ 12-18AUD(約960-1440円)
  • ディナー 20-25AUD(約1600-2000円)

を想定しておくといいかなと思います。

ランチは少し範囲が広いですが、食べるものによって様々です。

やはり少し日本より高めの設定料金です。

水などもスーパーで買えば500ml100円ほどで買えますが、観光地などに行くと1本300円になったりします。

円高になった今でも日本の大体1.2割増くらいだと思っておけば大丈夫かと思います!

2 結局どっちがお得なの?

それでは結局のところどっちがお得なのか見ていきましょう!

クレジットカード

まずはクレジットカードについてです。

クレジットカードを海外で利用する場合は手数料がかかります。

カード会社によって様々で0.5%-2%が基本的にかかる手数料です。

それ以外にカードを利用すると+αで手数料を取るお店もありますのでご注意ください!

オーストラリアには少ないですが、その場合はクレジットカードを使う際の注意として、お店のレジ前に表記がありますので注意してみてください!

が、オーストラリアはカード大国なのでその心配はあまりありません。

クレジットカードの最大の魅力はカード会社の海外特典が利用できることです。

例えば楽天カードであれば国内に限らず、利用の1%のポイント還元!などなど。

こういった特典はカードによって違いますが、後で紹介するおすすめクレジットカードを持っていけば、まず損することはありません。

しっかり吟味してくださいね!

現金

現金の場合に注意しておきたいのが、先ほども書きましたが、手数料についてです。

カード大国とはいえカードが使えないところもあります、ので現金も少しは用意しておくことをおすすめします。

マーケットなどに行くと、カードで払うための機械がなかったりしますので、注意が必要!

現金を換金する場合は必ずレートが良い換金所を調べてからにしてください!知らない間に損してるかもしれません。

どのくらい換金したらいいのかは人それぞれですが、観光の場合は1日10000円を目安に換金するのが良いですかね!

メモ換金する場合はこまめにするのがおススメです。
一気にした方が楽ですが、必要な分だけにしないと余って使わない方がもったいないです。良い換金所がわかったら、最低限必要な分だけ換金こまめに通うようにしましょう。

 

結論

ここが一番大切ですね(笑)

結論から言うと「クレジットカード一択」です。

理由は簡単で、

  1. オーストラリアがカード大国である
  2. 手数料を比較するとクレジットカードがお得
  3. カードの海外特典を利用できる
  4. コインが増える煩わしさがない

カード大国なのでどこでも使えるというのは大きなポイントです。

使えないところが多いとカードを持っていても結局現金が必要になるので、あまりカードに期待できませんからね。

一番のポイントは手数料の差です。

日本円からオーストラリアドルに換金する時にかかる手数料が、カード利用の手数料より高い。これが一番のポイントです。

それに加えてカードのポイントだったり海外保険付だったりの特典が使えるので、言うことなしですね!

後はコインが増えるのは本当に面倒なので、ここも大きなポイントですね(笑)

オーストラリア、特にシドニーではカードが使えないことがほとんどないので、思う存分クレジットカードを使いまくりましょう!

3 おススメのクレジットカード

オーストラリアに限らず、海外旅行おススメのクレジットカードをご紹介します!

海外将校の際はクレジットカードを2枚持っていくことをおススメします。

1枚使えなくなった時の予備として、ブランドもVISAとMastercardを1枚ずつ持っていけば完璧です!

エポスカード




(引用:エポスカード)

エポスカードは海外旅行、海外留学のおススメクレジットカードとして長い間使われ続けているクレジットカードです。

最大にして最強のポイントは年会費がずっと無料のクレジットカードにも関わらず、ゴールドカード並みの海外旅行保険がついていることです。

海外保険にわざわざ入るのはお金がもったいないし、そこまで危険性を感じない国だから大丈夫だろうと思っているあなた。

もし海外でお腹を壊して病院に行く羽目になったらどれだけお金を払わなければいけないか知っていますか?

もちろん日本の保険証は使えませんし、言語も通じないし、でもう散々な旅行になること間違いなしです。

海外旅行傷害保険自動付帯のエポスカードはかなりありがたいです!

しかも他社の傷害保険に比べてかなり保険が手厚いです。海外旅行を多くする方は持っておいて間違いなしのクレジットカードです!

海外旅行傷害保険の詳細はエポスカード 海外トラベルサービスからご確認ください!

アメリカンエキスプレス


(引用:アメリカンエキスプレス)

アメリカンエキスプレスの特徴は年会費を抑えながら様々なサービスを受けることができることです。

ゴールドカードでない場合はラウンジなどの利用はできませんが、海外旅行保険や海外サービスはゴールドカード並みのすごさです!

さらにうれしいのは空港にスーツケースを届けてくれるサービスがついていることです。

もちろん帰りも家まで届けてくれます!

スーツケースを宅配などで空港に届けようとすると、1個につき平均1500-3000円の金額ですが、アメリカンエキスプレスで年会費3000円を払っていれば何度もこのサービスを受けられます。

しかもなんと26歳までは年会費無料です!

スーツケースのサービスはとても便利で何度も利用させてもらっています!

楽天カード



(引用:楽天カード)

楽天カードホームページで詳細を見る!
もはやだれもが知っている楽天カードですが、ポイント還元率を考えてもやはり海外旅行にはおススメです。

しかも発行手数料・年会費も無料ということで、もはや言うことなしです。

海外旅行におすすめなポイントとしては、

  • ポイント還元が海外でも1%必ず付く
  • 海外旅行傷害保険がついてくる
  • ラウンジ利用ができるカードもある

海外旅行傷害保険の条件や対象カードなどの詳しい情報は楽天カード 海外利用ガイドをご覧ください!

ラウンジの利用方法なども載ってますので、ご覧ください!

 

今だけポイント還元実施中!

楽天カードホームページで詳細を見る!

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】