英語で英語を勉強する方が良いと言われる理由【理由知らずにやるべからず】

勉強方法

英語で英語を勉強するのが本当に効率がいいのかわからない、、、

というのはよく耳にします。

本当に効率がいいのか、これを読んで確認してみてください。

その悩み解決します。

CONTENTS

  • 英語を英語で勉強する意味
  • 英語で勉強するなら注意したい点
  • 英語で勉強する時の思考回路

英語で英語を勉強した方が良いと言われる理由


なぜ”英語で英語を勉強するのが良い”と言われるのか。

それは日本語を日本語で勉強するのと同じで、

英語を話す人にとっては当たり前だからです。

どういうことかと言うと、大きく分けて3つあります。

  1. 英語に変換するスピード
  2. 絶妙に変な言い方が身につく
  3. 試験フォーカスの語学学習になる

✓英語に変換するスピード

日本語で言いたいこと考える→英語に変換して文を組み立てる

というプロセスにかかる時間がもったいないという点です。

日本語を挟む癖がついてしまうのが日本の英語教育です。

✓絶妙に変な言い方が身につく

日本語と英語はそもそも違う言語です。

日本語での表現の仕方と英語の表現の仕方は違って当たり前です。

日本語で考え、よくわからない英文になってしまうというのもありがちです。

✓試験フォーカスの語学学習になる

日本での英語は実践ではなく、“試験フォーカス”のものが多いです。

TOEICがまさにそうですね。

日本にいればたぶん、英語→英語のプロセスがなくても何とかはなります。

英語で英語を勉強するのは意味があるのか?

もはやこれが結論です。

英語で英語を勉強することは

短期的には効率は悪いですが、意味はあります。

効率よく勉強したいという方は【1日20分?】社会人が最大限英語力を伸ばすための勉強法で社会人に限らず、方法紹介しています。

✓初心者にはおすすめできません

英語で理解するためにはそれなりの英語力が必要だからです。

英語を理解するための英語力は必要です。

TOEIC500点以上は欲しいところです。

英語で勉強するなら注意したい点

そうは言ってもデメリットもあります。

なんと言っても英語で英語を勉強すると時間がかかります。

最初から全て英語で理解するのは、なかなか難しいです。

TOEIC700,800点以上になってからしてください。

ではどうやって英語で英語を勉強するのがいいのか

正直辞書は日本語の物を使った方が圧倒的に効率良いです。

無理に英英辞書を使うと、時間ばっかりかかって結局理解できてません。

辞書は和英辞書を使うことをおすすめします。

✓ではどこで英語→英語

レベルにもよりますが、おすすめは文法を英語→英語で勉強することです。

留学先の学校でもよく使われていた、こちらの参考書。

世界中で文法参考書としては、かなりの有名どころ。

フィリピンの語学学校ではこれが教科書代わりに使われていました。



レベル分けされているのでありがたい

この参考書ありがたいことにレベルに分かれています。

自分のレベルに合わせて使い分けましょう。

✓English Grammar in Use

どちらかと言うと発展の内容になります。

発展と言っても、日本語の参考書に載っているような文法と変わりません。

If~やThere is~の構文も含まれますので、そんなに気負いしなくても大丈夫です。

  • TOEIC400点以上
  • 英語はそんなに嫌いじゃない
  • これから留学する

などの人がターゲットになります。

ちなみに留学中、この参考書で勉強している人めっちゃいました。

Amazon評価見てもわかりますが、それくらい人気です。

口コミ通りとても分かりやすい。英語を英語で勉強するって重要ですね。ただし全て英語で書かれているので最低限の英語の知識がないと読めません。おそらく中2レベルぐらいの英語力があれば最低限読めるはず。(Amazonレビューより)

✓Essential Grammar in Use

本当に基礎の内容から、という方にはおすすめです。

内容はもちろん全て英語ですが、is/areなどのBe動詞から始まり3人称単数など。

  • TOEIC400点以下くらい
  • 高校では本当に英語苦手だった
  • 基礎の基礎から勉強したい

という方がターゲットになるかと思います。

英語を勉強し始めた子供の教材を探していて人に勧められて購入しました。
三人称単数am/is/areから始まり文法、冠詞、前置詞の使い方など115項目について解説と問題を通して、英語の基礎固めがしっかりできます。(Amazonレビューより)

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】