【留学&ワーホリ】スマホ・携帯はSIMフリー1択な理由とは?

オーストラリア留学

ワーキングホリデー、留学のときってみんな携帯どうしているんだろう。新しく買った方がいいのかな。それともwifi借りた方がいいのかな。


ワーキングホリデーに行く際にどうしようか迷うのが、携帯、スマホの扱い方。

金額の違いがあるのはわかるけど、使いにくいのは嫌だし、どういう感じにしていったらいいのかわからないな、というのが本音なところだと思います。

 

使い慣れたスマホや携帯を、できれば渡航先でもそのまま続けて使用したいところではあります。

読んでほしい人

  • これから留学、ワーキングホリデーに行く人
  • 携帯をお得に海外で使用する方法を知りたい人
  • SIMフリーかwifiで迷っている人

SIMフリーかwifi、どちらがいいのかという疑問を解決します。ぜひご覧ください。

結論、タイトルにもあるようにSIMフリー1択です。

SIMフリーが増えてきたからこそかもしれませんが、今はワーキングホリデー、留学にはwifiではなくSIMフリーで挑みましょう。

おすすめのSIM、SIMフリー携帯も載せているので最後までご覧ください。

そもそもSIMフリースマホとは何か?

そもそもSIMフリースマホって何?おいしいの?

✓ SIMカードさえ交換すれば使える最強のスマホ

ここ数年で急に市場に出回り始めた(日本ではの話)のが、SIMフリーのスマホ。多くの日本人の人が使っているスマホと何が違うのかというと、“SIMカードを交換できること”です。

DOCOMO、ソフトバンク、auで契約している人の多くはその会社のSIMカードを利用することが必要になります。つまりその会社指定のカードでないと使えない携帯を販売しています。

SIMフリーでないDOCOMOのスマホを購入した人はソフトバンクのSIMカードを使っても、通信できない、ということですね。

 

✓  SIMフリースマホは日本で買えるの?

最近は日本でも多く見かけるようになってきました。

Amazonなんかでも簡単に購入することができるため、海外にたくさん行く人なんかは基本的にSIMフリーのスマホ持つようにしていたり、iphoneでもSIMフリースマホとして使うこともできます。

 

✓ SIMフリー携帯を使うにはSIMカードが必要

SIMフリーのスマホをAmazonで購入しただけでは、まだスマホとして外で使うことはできません。

SIMカードの購入も必須になります。よく見ますよね、スマホに入っているすごく小さくて薄いカード。

SIMカードはどこかのキャリアと契約して初めて手にすることができます。大手キャリアと言われるDOCOMO、ソフトバンクauでももちろん大丈夫ですが、SIMフリーの携帯を持っているなら大手キャリアではなく、格安スマホと言われる楽天モバイルやLINEモバイルの方が良いですね。

✓ SIMフリーのスマホでなくてもSIMフリーになる?

実は裏技までいきませんが、大手キャリアでSIMフリーのスマホを購入した人でも条件を満たしていれば、SIMフリーにすることができます。

購入後100日以上経過しているなどの条件がありますが、インターネット経由で5分くらいで無料で申請することができます。

各キャリアのHPで条件等を確認してみましょう!

 

さてここからは留学、ワーキングホリデーに関してのSIMフリースマホ、wifiについて書いていきます。

 

なぜ海外ではSIMフリースマホがいいと言われるのか

 

なぜSIMフリーの携帯、スマホの方がいいと言われているんですか?なにか大きな特典があるのでしょうか?

✓ 何より安いことが1番!

1番の理由は最近SIMフリーの携帯、スマホが急激に普及してきて、質も高く安いからです。

少し前まではSIMフリー対応スマホというのはほとんどなく、かなり金額も高い、質もそんなに良くない、というような感じでした。

SIMフリーのスマホが簡単に手に入るようになった今、それを避けて他の選択をする意味がないですね。

海外wifiレンタルや現地でのwifiレンタルよりもはるかに安く済みます。

✓ 日本でも海外でも準備可能

SIMフリーのスマホとSIMカードがあって初めて使えると言いましたが、そのSIMカードは日本でも海外でも準備することができるのもありがたいです。

Amazonなんかでも海外で使えるSIMカードを売っています。国によって対応しているSIMカードが違うので確認が必要です。

日本で先にAmazonで買っておいて海外に持っていくのもOK、現地で契約してSIMカードゲットするのもOKです。

 

✓ 電話番号も使える

単純にSIMフリーのスマホが普及し始めた、安くて質が高い、という以外にも理由はあります。

海外での生活には電話番号が必要となることが多い、というのもかなり大きなポイントです。

これは実際に経験してみてわかりましたが、やはり電話番号を持っておいた方がいろんな意味で良いです。ワーホリで仕事を考えている人はSIMフリースマホは必須です。

留学やワーキングホリデーの際には、どうしても電話番号が必要な時があります。

日本のSIMカードのまま電話すると1,2万円の請求なんて全然普通にありますし、海外長期滞在でそんなことできませんよね。

wifiのワーキングホリデー/留学でのメリット、デメリット

wifiの物でも安くてよさそうなものありましたが、それではだめですか?

✓ もちろんwifi利用でのメリットもあります

wifiにもメリットはあります。そうでないと使う人いませんからね。

  1. 短期滞在なら料金が比較的安い
  2. 日本で使っていた携帯をそのまま使える
  3. 操作が簡単でSIMカードのように設定しなくてもいい
  4. データ通信無制限もある

基本的に長期はSIMフリースマホ+SIMカード一択です。ただ、短期の留学の場合はwifiレンタルの方が割安なことが多いです。電話番号も必要ないことが多いので、短期留学の場合にはwifiの方をおすすめします。

日本で使っていたスマホがそのまま使えるのは非常にありがたいです。まだ新しいスマホの場合や、使い勝手の面(ラインをそのまま使いたいなど)では、そのまま今のスマホを使える方がいいですね。

LINEなんかは引き継げるようになったので、特に問題なくなりました。

SIMカードを交換すると設定をしなければなりません。そんなに難しくなく、SIMカードに説明が書いてあったり、店員さんにお願いしてやってもらうのもありです。

基本的に海外でのSIMカードは利用量に制限がある場合が多いです。日本の無制限なんかはかなり珍しいです。ただ、wifiだと無制限や大幅利用ののプランがあることが多いので、使う量を制限したくない!という人には嬉しいですね。

 

✓ wifiのデメリットはこちら

wifiをレンタルして使うときのデメリットがこちら

  1. 保証金や返却などめんどうなことが多い
  2. 2台持ちになる可能性がある
  3. 電源ON/OFFが手間

wifiルーターを借りることになるので、それを返却したり、保証金を払ったりなど少しめんどくさい手続きがwifiにはついてきます。

現地にいて「やっぱり電話番号がほしい!」となった場合には、SIMフリースマホ+SIMカードを購入する必要があります。wifiも借りてるのにコスパ悪すぎです。

シンプルなめんどくささですが、wifiルーターのONOFFを毎回するのほんとに面倒です。(けっこうほんとに面倒です)普通にSIMフリースマホなら気にならない点です。

 

✓ 短期滞在ならwifiもあり

短期滞在の留学や旅行ならwifiもありだと思います。

ありというか1か月ならわざわざSIMフリーのスマホを買うまでもありませんので、問題ないですね。

SIMカード+SIMフリースマホでは初期費用がかなりかかるので、それを考える短期の場合はwifiの方がお得となります。

 

SIMカード wifiの料金比較

 

実際の料金ってどれくらい違うの?1ヶ月の短期留学なんだけどどっちがお得なのかしら?


日本にいるときにSIMフリーのスマホではないことを前提に、どのくらい金額差が出るのかを見てみましょう。

基本的に

  1. 現地でSIMカード購入
  2. 日本でwifiを借りていく
  3. 現地でwifiを借りる

の3パターンで見てきます。

✓ 短期の場合(3ヶ月)

まずは3か月までの短期の留学に関してみていきましょう。

(引用:グローバルWiFi)

そもそもwifiは長期の留学生に対してのプランをしっかり作ってはいません。(作っているがターゲットにしていない)なので、どうしても長期になると割高になっていきますが、実際はどうなんでしょうか?

この表は1か月単位でwifiでは最大手のグローバルWiFiで借りたときの金額です。1か月で4Gが約20,000円ですね、、、、高い(笑)

 

続いてAmazonでSIMフリースマホと現地でSIMカードを購入した時ですが、オーストラリアを例に見てみましょう。

後で紹介しますが、1番人気のSIMフリースマホは圧倒的にHUAWEI P30 Liteです。こちらが本体27,000円ほど。これに現地でのSIMカード料金が3GB=約40ドル。大体3GBを1か月で使うとして、1か月の通信費用が約3,500円になります。

 

現地でwifiを借りる場合にはプランを選ぶようになりますが、50GBで5,000円などかなりお安いプランもあるので、大容量を求める人はwifiをおすすめします。

 

 

表にまとめると、

1か月目 2か月目 3か月目
SIM(現地) 27,000+3,500=30,500円 3,500円 3,500円
wifi(日本から) 20,000円 20,000円 20,000円
wifi(現地契約) 6,000円 6,000円 6,000円

3か月の合計金額を見ていくと、

  • SIM 37,500円
  • wifi(日本から) 60,000円
  • wifi(現地契約) 18,000円

SIMフリーのスマホを持っていない場合は圧倒的に現地でwifiを契約するのが安いですね。

日本からwifiを持っていくのは安心ですが、高すぎます。ただ、全部日本語でできるのでかなり安心感ありますし、1か月などの短期の場合は時間のことも考えて日本から持っていくのがいいかと思います。

✓ 中期の場合(半年)

後は簡単ですね。先ほどの金額を計算していくだけです。

  • SIM 48,000円
  • wifi(現地契約) 36,000円

なんと現地でwifiを契約するほうが安いみたいですね。もちろん必ずこうなるわけではないですが、おおむねこのような感じです。

✓ 長期の場合(1年)

1年ではどうでしょうか。ワーキングホリデーに行く人なんかはこちらの方が多いと思います。

  • SIM 69,000円
  • wifi(現地契約) 72,000円

やはり長くなればなるほど、SIMカードを購入して現地で契約するの方が割安になりますね。

SIMフリーのスマホを持っていなくて、購入するか迷っている人はスマホがまだ新しいなら買わずにwifiを借りるほうがいいかもしれません。

ただ、学生ビザでも現地でバイトをしたり、仕事をしたりを考えている人は必ずSIM(電話番号)が必要なので、SIMカード購入の一択ですね。

wifiと一緒に携帯番号用に現地で購入することもできますが、本当に質が悪くてイライラするので、必ずSIMフリースマホを購入して現地入りしましょう!



おすすめのSIMフリー携帯

✓ UMIDIGI A3S



10,000円台で買えるSIMフリースマホです。少なく見積ってもかなりお安い商品だと思います。Amazonのレビューでもそれはわかると思いますが、iphoneの値段に慣れていると、破格の値段ですね。

少しマニアックですが、3GB RAM + 16GBと性能もかなり高くこの値段のSIMフリースマホでは圧倒的な性能を誇ります。

ただ少しシンプルすぎて“高齢者ビギナースマホ”なんて言われているみたいです。SIMフリーで少し性能も求めたいという人は、HUAWEI P30 Liteを買っておけば間違いないでしょう。

 

✓ HUAWEI P30 Lite



SIMフリーのスマホであればこれを選べば間違いない、と言われるのがHUAWEI P30 Liteです。

画質よし 性能よし 価格よし で言うことありません。iphoneユーザーは使い勝手に慣れるのに時間がかかるかもですが、これにチェンジして後悔することはないと思います。

ちなみにカメラの性能はすごいです。iphoneより全然上をいきます。

 

✓ iphone

日本人はiphoneユーザーが多いので、iphoneをSIMフリーにするのがベスト。

各キャリアの条件をクリアしているとSIMフリーに変更できるので、特に問題ない人はこれでOK。

ただ正直本体の値段は高いです。実際にスマホを使うのってSNSがメインだしなー、て思っている人は、他のSIMフリーのスマホ探した方がいいと思います。iphone正直高すぎます。

 

おすすめの海外用SIMカード

せっかくならおすすめのSIMカードも知っておきたいですね。

✓ 楽天モバイル

4大キャリアに仲間入りした”楽天モバイル”ですが、短期滞在なら海外でも利用することができます。おすすめのポイントは

  1. 一定期間は無料で使える(期間限定)
  2. 海外では2GBまで使える
  3. 日本でも格安SIMとして使える

期間限定で楽天モバイル新規加入者に1年間通信費無料で提供しています。楽天がすることは大規模すぎてついていけませんが、そっこーで加入しました。

海外でも約60か国の対象地域であれば、国内の使用量とは別で1か月2GBの使用が可能です。普通に自宅でwifiを使う場合は全然これでも対応できるので問題なし。

もちろん日本帰国後もしっかり使えます。しかも主要都市ではデータ通信無制限。サポートエリアでも5GBまでも使えるので、加入しない意味はないです。

 

楽天モバイルお申し込みはこちらから

✓ airBalticCard


簡単に特徴をまとめると、

  1. アクティベイトしてから700日使える
  2. 多様なプランあり
  3. Amazonで購入可能、渡航前に設定作業ができる

単純に長い期間使えるのめっちゃありがたくないですか?多くのSIMカードは2週間で期限が来たりします。airBalticCardは最終利用から700日間利用することができます。

プランによって使える地域やデータ量は違いますが、プランによっては1GB=2ユーロ(30日間有効)というのもあったりします。wifi借りて10,000円以上ですよね。ありえない破格の値段です。
Australia, Austria, Belgium, Bulgaria, China, Croatia, Cyprus, Czech.Rep., Denmark, Estonia, Faroe Islands, Finland, France, Germany, Gibraltar, Greece, Guadeloupe, Hungary, Iceland, Ireland, Israel, Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Palestine, Poland, Portugal, Romania, Russia, Singapore,Slovakia, Slovenia, South Korea, Spain, Sweden, Switzerland, United Kingdom, USA

こういった国で使えるので、非常にありがたいばかりです。

海外のプリペイドSIMには、現地でしかアクティベイトできないものもあります。このSIMは日本にいながら、購入→設定をすることができます。インターネットでの登録が必要ですが、SIM購入時にWEBサイトへのアクセス方法が記載してあるので、そのまま進めば全然難しくないです。

 

Wifiおすすめ紹介

正直、ここまででも見てきましたが、wifiに関しては1か月以上の留学の場合は現地でwifiを契約するほうが間違いなく良いです。

ただ短期留学1か月未満の方向けに、おすすめのwifiを1つだけお伝えしておきます。

利用したことある人も多いと思いますが、wifiもグローバルwifi1択ですね。

(引用:グローバルwifi)

  1. 基本的に最安値
  2. サポートも安心
  3. レンタルwifi最大手

他社では20,000円を超えるような1か月以上の長期プランですが、グローバルwifiでは19,800円でぎりぎり抑えてくれています。

その上レンタルwifi最大手で、サポートも24時間対応してくれますので、留学中のwifiのトラブルも基本的には問題ありません。

グローバルwifi以外を選ぶのは何かハワイへ留学、など特別な理由がない限りはあり得ないと思います。

まとめ

留学やワーキングホリデーの期間によって色々な選択肢があるんじゃな。

✓ 情報に騙されない

ネットには現地のwifiだけでなんとかなる、とか日本からwifiを借りた方が安心!とかたくさんの情報がありますが、その人の留学期間や生活の仕方によって様々です。実際のところwifiやSIMフリースマホなしで、現地の無料wifiでやっていくのはほぼ不可能です。

学校の寮が学校の目の前にあるとかなら別ですが、基本的には何か通信手段が持っておいたほうが良いです。

✓ やっぱりSIMフリーが便利

いくつかパターンを見てきましたが、やっぱりSIMフリーのスマホ+現地SIM契約に勝るものはありません。

個人的にはスマホ2台持ちめちゃめちゃ邪魔でした。本当に。

そのあたりも考慮しながらベストなプランを探ってみてください。

それでは。

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】