英語学習にアウトプットが必要な本当の理由とは?

勉強方法

英語学習にアウトプットが必要だということご存知ですか?最近英語にはアウトプットが必要だということがやけに言われるようになってきました。

本記事ではなぜアウトプットが必要なのか、どのようにアウトプットをすればいいのかその方法について解説していきます。

CONTENTS

  • 英語学習にアウトプットが必要な本当の理由
  • アウトプットの方法
  • ついでにインプットにも少し触れます

英語学習にアウトプットが必要な本当の理由

英語学習に関してアウトプットが必要な本当の理由は、
人間はインプットだけでは効率よく記憶できないからです。

The Role of Input, Interaction and Output in the Development of Oral Fluencyこちらの論文に詳しく書いてあります。(英語ですみません)

要するに何が言いたいかと言うと、アウトプットすることによって人間の脳に協力に記憶されますよ。ということです。

インプットばかりでは伸びない

まず英語学習において、アウトプットするという前提にインプットがあることを忘れてはいけません。
先ほどの論文にもありましたが、英語学習においてインプットとアウトプットは相互の関係にあることが書いてあります。

インプットもアウトプットもバランスよくすることが重要です。

英語が伸びない人の特徴は

  1. インプットとアウトプットを両立できない
  2. 学習時間に比例して英語力が伸びると思っている
  3. 継続して勉強できない

この全てもしくはどれかが必ず当てはまります。

逆に伸びている人はこんな人

では逆に英語学習で伸びる人はどんな人なのかというと、上記の点がクリアできている人と

  1. インプットの量を妥協しないこと
  2. 生きた英語を学んでいる

ここをクリアしている人は比較的、英語学習に成功している人が多いです。

爆速でインプットする人は復習も忘れないようにしてください。【1日20分?】社会人が最大限英語力を伸ばすための勉強法を参考にしてみてください。

生きた英語とは実際に使われている英語を学ぶことです。例えば英語のテレビとかTED talkとかラジオとかですかね。逆にここに触れないと伸び悩むかもですね。

自分にとっての英語学習のゴールはどこか

英語学習においての自分のゴール設定をしておくことも大切です。

自分にとっての合格点はどこか→アウトプットしなくてもたどり着けるゴールか

アウトプットをした方が英語学習の成功には近道ですが、日本のTOEICなんかではインプットだけでもなんとかなりそうな気もします。



アウトプットに最も効果的な方法は?

アウトプットの最も効率の良い方法はもちろんオンライン英会話です。

集大成と言ってもいいのでは、と思うくらいの料金体系と質の高さです。月5000円とか6000円でネイティブの方とできるのが1番いいかもしれませんが、なかなかそれを求めるのは難しいかと。

おすすめのオンライン英会話はレアジョブです。こちらから公式サイトへ行けますのでどうぞ!

ちなみに現在のオンライン英会話の主流講師のフィリピン人の人たちも日本人より遥かに英語力が高いのでバカにしてはいけません。

オンライン英会話以外の方法も

アウトプットの方法としてライティングという方法もあります。オンライン英会話でもそうですが、ライティングの場合も自分のミスに気づくことが最も重要です。

日本にいては自分のライティング、書いたものを見せるのはなかなか難しかったですが、オンライン英会話の先生に頼んでチェックしてもらったりしてました。

結論、アウトプットは英語学習の集大成

インプット→アウトプットという流れの重要性は理解してもらえたかと思います。あとはいかに実践するかです。

伸び悩やまないことはないです。

断言してすみません。英語学習の世界なんて伸び悩まないわけはないです。

あとは行動するかどうかだけですね。
英語学習に関しては悩んでいる時間がもったいないです。

初心者がオンライン英会話をすべきかはこちらに書いていますので、ご参考までに。

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】