【画像付で分かりやすく】オーストラリアのスーパー徹底解説。1人でも怖くない買い方講座!

オーストラリア

●オーストラリアへ初めていく!

●スーパーで買い物するの意外とハードル高い

●オーストラリアのスーパーってどんなものが売ってる?

●スーパーでの買い物の仕方を知りたい

という方はしっかり確認していってください!

日本のスーパーとはやはり少し違うのでなかなかハードルが高いなー、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

英語が苦手で店員さんとあまり会話はしたくない、というのも一つの悩みですね。

今回はスーパーでの買い物の仕方を画像付きでご説明します!

オーストラリアでwifiは必須!

海外旅行でも海外留学でもwifiは必須の持ち物です!

最近ではSIMフリーのスマホも増えてきましたが、システムも難しいし、単純で安い方法が良い!という方はグローバルwifiを試してみてください!

日本で自宅郵送でも空港受け取りでも可能です!

私も海外に行くときはいつも借りています!

たくさん海外wifiの会社はありますが、安くて使い勝手もいいグローバルwifi一択でしょう。

今ならこのサイトから予約で1000円off!まだ先の旅行でも急いで予約しましょう!

4日前までキャンセルOKです!

グローバルwifiはコチラから!
 

↓↓↓
 

グローバルwifiを1000円offで予約する!

1 オーストラリアのスーパー

オーストラリアには2大スーパーが存在します。

日本では地域ごとに色々なスーパーがありますが、オーストラリアはこの2つが大きなシェアを誇っています。

この2店舗が最強

オーストラリアには2大スーパーが存在します。

それが”コールス(coles)”と”ウールワース(woolworth)”です。

 

コールス

ウールワース

どちらのスーパーも規模や売っているものなどはほとんど同じで違いを見つける方が難しいくらいです(笑)

シンボルカラーが違うだけでどちらを利用しても同じような買いものができます。

今回のタイトルにもある「買い方」に関してもほとんど同じなので心配する必要はありません!

果物が豊富

オーストラリアのスーパーで言えることはなんと言っても果物が豊富なこと!

オーストラリアでは朝電車の中でバナナやリンゴなど食べるのをよく見るくらい、フルーツがよく食べられます。

バナナなんかはスーパーの入り口に常にこれでもかと言わんばかりに積んであります。

それだけフルーツは需要があるということですね。

バナナやリンゴだけでも量は多いですが種類も豊富にあります。

朝ごはんにフルーツは欠かせないので、オーストラリアに行った際にはスーパーで朝ごはんを用意するのも全然ありです!

2 買い方講座

ではオーストラリアのスーパーで実際に買い物する手順をご紹介します!

店員さんレジVSセルフ

まずは一般のレジとセルフレジどちらでするかを決めます。

日本の場合はセルフレジの方が多いことはほとんどないですが、オーストラリアのこの2大スーパーに関してはセルフレジの方が圧倒的に多いです。

日本で最近ユニクロがセルフレジをたくさん導入しましたが、そのイメージですね!

店員さんと会話をすることなく、時間もかからないので、基本的には「セルフレジ」でOKです!

多くの人がセルフレジに並んでいるので、そのままそれに続いて並びましょう。

続いてセルフレジでの買い方を紹介します!

セルフレジの流れ

セルフレジでの流れは基本的に日本と同じなので、そんなに驚くことはありませんが、流れを知っておくとだいぶ違うので知っておいて損はないと思います!

  1. バッグをセットする
  2. 商品をスキャン
  3. 支払方法を選択
  4. 支払いを完了

この4ステップで終わります(笑)

簡単すぎてびっくりですが、全て英語で表示されるので、そこが不安要素です。

イレギュラーなパターンを中心にご紹介しておきます!

1 バッグをセットする

バッグをセットする際に、自分で持ってきたカバンであればそのままセット、バッグを購入する場合はスキャンをします。

ウールワースもコールスも近年の環境対策でビニール袋の有料化が進みました。

レジ付近に置いてあるバッグから必要なものを持ってきてスキャンします。

ビニール製のものや布生地のものもありました!

2 商品をスキャンする

商品スキャンの際に知っておきたいのが、果物の買い方です。

普通にバーコードがついていればスキャンで終わりなのですが、果物や野菜などバーコードがついていないものは少し作業が必要になります。

画面のfruitやvegetableのボタンをタッチします。

購入する商品を天板の上に置いて対象の商品ボタンをタッチすると自動で重さと値段を計算してれます!

この作業をするためには、取ってきた果物や野菜の名前、種類を覚えておかないといけません。

取る際に名前を見ておくようにしましょう!

ただ、間違ったとしても誰にも見られていないのでバレません(笑)何回も間違えたことあります(笑)

もう一つ多いこととして、商品をスキャンして隣の棚に置かずにエラーになってしまうことです。

この場合はStaffを呼ぶような画面が出てきますので、Excuse me!と呼んでエラーを解除してもらってください!

あとは間違えてスキャンしてしまった!という時もスタッフを呼ばないといけません。

Can you cancel this?とスタッフに伝えて消してもらいましょう!

特に何か言われたりなどはないので、頑張って伝えましょう!

3 支払方法を選択

ここでは主に現金かカードのどちらかになります。

現金であれば表示されている金額を入れればいいですが、カードの場合はカード支払方法の選択が必要です。

日本であればクレジットカードを渡せば「一括払いですか?」と聞かれますが、オーストラリアの場合はSavingという支払方法も聞かれます。

creditのボタンを押してpin keyを入力して、支払をしてください。

メモ

Savingとはクレジットではなく、デビットカードのような銀行口座から直接落ちるようなものです。

クレジットカードを挿入してSavingを押すとエラーになるので気を付けてください!

Creditのボタンを押しましょう!

4 支払を完了

最後のレシートを出すかどうかの画面がでますのでそれはどちらでも構いません!

 

3 スーパーで買えるお土産ランキング

オーストラリアのお土産はスーパーで買うことをおススメします!

お土産屋さんで買うとやっぱり高いですし、スーパーであればオーストラリアの物をしっかり買うことができます!

せっかくなので、オーストラリアのスーパーで人気のお土産をご紹介しておきます!

第1位 Timtam

堂々の1位はやっぱりTimtamですね!

オーストラリアに来てTimtamを知らずに帰るのはさすがにまずいです。

第2位で紹介するArnott’sが作っているチョコビスケットなのですが、人気すぎてArnott’sの商品だったの?と思う人も多いはず。

それだけの人気を誇っているのがTimtamです。

実際に現地の人が食べるのかと言うと、そういうわけではないです(笑)

現地の人はカロリー高いし、あんなのは食べないと言ってましたので、お土産としてに留めておきましょう(笑)

ちなみに日本でも買うことはできますが、オーストラリア限定の味だったり、季節限定のもの、コラボしているものなど様々ありますので試してみて下さい!


第2位 Arnott’s


先ほどのTimtamを生み出したArontt’sの商品がお土産におすすめです!

日本ではあまり見ることがありませんが、オーストラリアでは大人気です。

Timtamは家で食べないというオージー(オーストラリア人)もこれは家で食べるみたいです。

味も色々な味をそろえていて、好きな味を選ぶことができます。

第3位 ポテトチップス

日本人では意外と食べる人は減ってきましたが、オーストラリアではまだまだ人気です!

ポテチにもいろんな味があり、ソルト・ビネガー(塩×酢)なんてのもあります(笑)

結構味濃いので気をつけてください。

持って帰るのに気を付けないと粉々になってしまうので、機内持ち込みで持って帰るようにしましょう!

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】