【2年続けて気づいた】レアジョブ教材の上手な使い方

オンライン英会話

オンライン英会話にもいろんなサイトがありますが、もう早くも僕がレアジョブを利用し始めて2年が経ちました。2年も続ければどんなやり方が良いのか、レアジョブでの教材の上手な使い方などわかってきたのでシェアしたいと思います。

CONTENTS

  • レアジョブ教材の上手な使い方
  • レアジョブと並行して使いたい参考書
  • 実際レアジョブで英語伸びる?

教材の上手な使い方を語る前に


“継続は力なり”何度もいろんな所で聞いてきた言葉かもしれませんが、この言葉はオンライン英会話に限らず、英語学習全てに当てはまります。ただ、スピーキングが伸びにくいと言われている日本人にとってオンライン英会話でのこの言葉はビンゴです。3歩進んで2歩下がるくらいの気持ちが大事です。
そしてもう1つ大事なことが自分にあったレベルの教材を選ぶ必要があるということです。自分にあった教材、もっと言えば上手く使いこなせるレベルの教材を使わないことには結果は望めません。「この単語知ってるからこのレベルは簡単」なんてのは甘すぎますね。実際に会話の中でしっかり使いこなせて初めて“簡単”という言葉が当てはまります。そこはしっかり考えながら教材を選ぶようにしましょう。

オンライン英会話で英語力は伸びるのか?


みなさんが気になるポイントはここですよね。
先に言っておきますが、伸びます。ただこれは、ちゃんと続ければの話です!三日坊主は厳しいですよ。TOEICなど目に見えてわかるものを受ければ、もっとはっきりわかると思いますが、仕事で忙しくて毎日できなくても伸びます。

レアジョブを2年続けてみてに話すことへの慣れが大きく変わりました。回数を重ね、先生が話す文法を真似してみたり、実際に習ったりすることで、かなり広範囲の表現を使えるようになりました。加えて、間違えていても自信を持って話すようになりました。これは大きな進歩です。

レアジョブでおすすめの教材

レアジョブには良質な教材がしっかり揃っています。初心者から上級者まで幅広く効率のいい学習ができるようになっています。その中でもおすすめの教材をご紹介します。これで英語力しっかり伸びます。
Daily news article ★★★☆☆3点/5点

この教材は名前の通り毎日(daily)毎週(weekly)変わるニュースを題材に授業を進めていきます。トピックのジャンルが違い、英語だけでなく、世界のニュースを同時に知ることができるため一石二鳥かなと思います。ニュースの中で新しく出てきた単語の難しめの単語の説明もあり、単語力を上げることもできます!

カンバセーション教材 ★★★★☆4点/5点

こちらの教材ではそれぞれのトピックごとに用意された質問に答えていき、講師と会話の練習をしていくような教材です。スピーキングという観点からすると話すことがメインになるので、とても良い教材かなと思います。しかし、この教材ばかりだと新しい表現を覚えたりということは難しいので、別の教材と同時並行が必要です。

実用英会話教材★★★★★ 5点/5点

レアジョブで最も良い教材としてお勧めするのは、こちらの実用英会話の教材です!この教材はレベル別にしっかり内容が別れていて、内容も日常で使われるものが多いです。少し難しいなと思えば、レベルを1段階下げられますし、逆にあげることもできます。僕自身この教材は2年間使い続けています。 この教材は会話、新表現、発音色々なものが1つに凝縮されていますので、使っていて飽きがこないです。


レアジョブの上手な使い方

2年間レアジョブを続けてみて、このやり方が良いなと思った方法をお伝えします。

実用英会話教材×3~4回→カンバセーション教材×1のローテーション

正直、実用英会話教材だけでも最初はいいかなと思っていたのですが、習ったものは必ず忘れます。習った表現を日常英会話で使えるようになるためには練習が必要です。何回も同じ表現を使うことで、口がその表現に慣れてきます!ここが重要です。新しい単語や表現は単語帳などを使って覚えてオンライン英会話がアウトプットの場になるのが望ましいです。以下で紹介する参考書も同時並行で使いながらレアジョブを最大限活用しましょう。

レアジョブと並行して使いたい参考書

レアジョブに限らずオンライン英会話は参考書と並行して行うのが必須です。あくまでオンライン英会話はアウトプットの場です。そのスタンスは変えてはいけません。必ずインプットは怠らないようにしましょう。

DUO3.0


言わずと知れた人気単語帳と言えばこちらのDUO 3.0。TOEIC500点突破の先でも使えるような仕様になっているため、TOEIC700点くらいまでカバーしてくれます。どちらかというと現在300点の人よりはもう少しで500点に届きそうという人に向けての単語帳になるかと思います。レアジョブの教材をうまく使うためにも単語のインプットは必須です。

私が大学生の時にduo2.0を買って単語の勉強したらTOEIC460点くらいから705点になりました。その後も派生語までコツコツ覚えると765点まで伸びました。あれから時が経ち、息子が高校生になったので最新のduo3.0を買ってあげました。


一億人の英文法 ―すべての日本人に贈る「話すため」の英文法


“親しみにくい文法書”というのはもう卒業しましょう。特にスピーキングに特化した英文法の参考書は今までになく、とても斬新な1冊になっています。例文がとても親しみやすく、本当の生活で使う“生きた英語”が集まった文法書となっています。レアジョブの教材ともとても相性が良いです。3冊の中ではこれが1番欠かせない1冊だと思います。留学中はひたすらこれを暗唱して、何度も読んでいました。

英文法に関して、飲み込みやすく親しみやすく書かれているので、感覚的に英文法(そもそも言語は感覚的にやるものかな?)を覚えるためのとても良い本だと思いました!


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング


ベーシックな文だけど話すには欠かせない英語脳を作るための参考書です。英語上級者にとっては少し物足りない人もいるようですが、中学、高校レベルの基本的な文がランダムに載っています。日本語訳も載っていますが、ひたすら英文だけを読んで、英語がスラスラ口から出るようにするための1冊としても使えます。レアジョブをアウトプットの場として使う時にはもってこいです。留学へ行く人などにも人気のある1冊で、簡単だけど本当にばかにはできない参考書です。

リスニングは発音が出来れば、割と習得するのは早いとおもうのですが、やはり自分が言いたいことの文法を組み立てることが一番の課題だと私は思います。このシリーズが一番効率がいいと思いますし、特にこの本は非常にベーシックで分かりやすくおすすめです。


profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】