【1日20分?】社会人が最大限英語力を伸ばすための勉強法

勉強方法

社会人でも英語力を伸ばしたい!そのための効率の良い勉強法を知りたい!と思う方も多いと思います。社会人になると少しお金に余裕ができるので、参考書を無駄に買ってしまい、結局やらない、というのの繰り返し。どうやったら効率よく伸びるのかを調べるも結局続かない、の連続です。このあたりを打破するために社会人が少ない時間で英語力を飛躍的に伸ばすための勉強法についてお伝えします。

CONTENTS

  • 社会人になっても英語は伸びる?
  • 社会人のための英語勉強法
  • おすすめの参考書

社会人でも英語は伸びる?

先にここに言及しておきましょう。社会人になってから英語を勉強して英語ができるようになるの?英語力は伸びるの?というところですが、勉強の仕方次第ですが、もちろん社会人でも英語力は伸びます。それも忙しい社会人のために1日20分で収めたとしても伸びます。毎日することが重要です。これは社会人に限ったことではないです。

(引用:How Long Does It Take to Learn English? (The Real Answer))

このグラフある通り、2日後には勉強した70%以上のことを忘れてしまいます。30%しか頭に残っていません。どういうことかと言うと、言わずとも有名な“復習”がいかに大切かということですね。1日20分の勉強のうち5分は必ず前の日にやったことの復習に使ってください。

目標設定の重要性

ただもっと重要なのはどこにゴールを設定するかです。なぜ3日坊主になるのか。もちろん自分の意志の弱さもあるかもしれませんが、目標や目的をしっかり設定することの方がより大切です。

英語をいかに早く学ぶかに関してThe Language Hacker’s Methodでは以下のような項目を挙げています!

  • Find a Good GREAT Reason to Learn English(英語を勉強する理由を見つける)
  • Decide Exactly What You Want to Do in English And When You Want to Do It(英語で何をいつしたいのを明確にする)
  • Find English Resources that are Just a Little Bit Challenging(英語の教材で少し自分にとってレベルの高いものを見つける)
  • Find English Resources that Match Your Goal(自分の目的に合った教材を見つける)
  • Learn New English Word Lots of Them!(単語をたくさん学ぶ)
  • Speak! Speak! Speak! Speak English!(とにかく話す)
  • Practise Your English Every Day(毎日勉強する)
  • Make Time to Actively Study English(英語積極的に学ぶ時間を作る)
  • Make Mistakes! Fail Fast and Fail Often(ミスをする)

目標が自分の中にないと継続できるものもできなくなります。もちろんそれが海外旅行であろうと、自分の英語力維持であろうと、なんでも構いません。自分の中の目標を持っておくことが何より重要です。

英語の勉強にどのくらいの時間がかかるのか?

いろんなサイトなどで1000時間や2000時間などいろんな情報を目にしますが、果たしてどのくらいが目安になるのでしょうか?面白い記事を見つけました。

Level of English (CEFR)(英語レベル) Number of hours of instruction(必要な時間)
Zero to A1 70 hours(時間)
A1 to A2 150 hours
A2 to B1 300 hours
B1 to B2 200 hours
B2 to C1 200 hours
C1 to C2 200 hours

(引用:How long does it take to learn English?/Education First)

Zeroが英語初級レベルです。ビジネスに必要な英語力はB2レベルと言われているので初心者からだと720時間は必要になりますね。これはあくまで目安なので、社会人の忙しい人には勉強法がキーになってきます。では社会人におすすめする英語の勉強法見ていきましょう。



最大限英語力を伸ばすにはこの勉強法

今回紹介するのは1日20分しか勉強する時間がない!という社会人におすすめする方法です。もちろん英語は勉強した分だけ成果が出ますから、もっとできるならもっとした方が良いです。ちなみに人間の集中力は90分、高い集中力が保てるのは15-20分と言われています。なので20分で勉強を終えるというのは、時間があったとしても効率の良い時間設定かもしれませんね。そう考えると1日8時間以上勉強する受験生は集中力の鬼ですね。

 

0-5分 前回の復習

これはもうグラフでも見てもらいましたが、復習がいかに大事かということですね。人間は5分間あれば400文字/分で2000字くらい読むことができます。もちろん英語なのでもう少し時間がかかっても、前日に勉強した内容は復習できると思います。
理想は前々回分も復習することですが、さすがにそこまで時間が取れなくても前回分は必ず復習してくださいね。

5-10分 単語に全力を注ぐ

ひたすら単語を覚えます。5分で覚えれる範囲は限られていますが、見開き2ページ分くらいは毎日やりたいですね。単語数でカウントすると、30単語前後ですかね。これくらいであれば復習も苦ではないですし、時間がない社会人でも1か月で1000単語近く触れることができます。TOEIC700点突破するのに2200単語だけでいい!という記事も書いていますので、もしよろしければご覧ください。

10-20分 文法と音読

文法はわかるがなぜ音読?と思う人もいるかと思います。確かに音読は成果は見えにくいです。TOEICなどにも点数として現れるものではありません。なぜ音読が良いのか、それは”インプットとアウトプットが同時にできるから”です。時間がない社会人にとって音読は同時にインプットとアウトプットができるのでとてもありがたい勉強法です。

サウスピーク日誌に英語の勉強法に関して、インプットとアウトプットの重要性をある実験を使って説明しています。それだけ“音読は効率の良い学習法”ということになります。僕も留学していた頃から毎日音読は欠かさず行っています。

休みの日はオンライン英会話

オンライン英会話は基本的に25分構成の授業になっています。先ほども言ったように“インプットとアウトプットを両方行うこと”は非常に重要です。その点でオンライン英会話は金額的にも効率の面でもかなり高い効果を期待できると思います。
初心者のオンライン英会話に関しては【効果ある?】初心者がオンライン英会話をすべきか?をご覧ください。

留学前後のあなたへ!オンライン英会話を始めたい初心者のあなたへ!

  • オンライン英会話業界の最大手
  • 初心者からビジネス英語まで幅広いレベルに対応できる
  • 学習目的に合わせて選べる教材とカリキュラム

レベルの高い講師とレベルの高い教材がそろっているオンライン英会話業界最大手のレアジョブ。初心者でも大丈夫なようにスターターサポートも充実。日本人利用者80万人を超えるレアジョブ、今なら無料授業を受けることができます!

レアジョブ英会話で無料体験してみる!

社会人におすすめの参考書

最後に時間がない社会人の方におすすめの参考書、単語帳を紹介しておきたいと思います。

あくまで

  1. 1日20分の学習時間を使ってできるもの
  2. 上級者向けではないこと
  3. インプットとアウトプットを意識したもの

ということを考慮した上でを抜粋しています。

DUO3.0


言わずと知れた人気単語帳と言えばこちらのDUO 3.0。TOEIC500点突破の先でも使えるような仕様になっているため、TOEIC700点くらいまでカバーしてくれます。どちらかというと現在300点の人よりはもう少しで500点に届きそうという人に向けての単語帳になるかと思います。単語の抜粋がとても良く簡単すぎず、難しすぎないようなラインで、日常的に使われる単語を掲載しています。例文も日常に使われるものが多く、音読にも最適な単語帳と言えるでしょう。

私が大学生の時にduo2.0を買って単語の勉強したらTOEIC460点くらいから705点になりました。その後も派生語までコツコツ覚えると765点まで伸びました。あれから時が経ち、息子が高校生になったので最新のduo3.0を買ってあげました。(Amazonレビューより)


一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法


“親しみにくい文法書”というのはもう卒業しましょう。特にスピーキングに特化した英文法の参考書は今までになく、とても斬新な1冊になっています。例文がとても親しみやすく、本当の生活で使う“生きた英語”が集まった文法書となっています。留学中はひたすらこれを音読して、何度も読んでいました。

英文法に関して、飲み込みやすく親しみやすく書かれているので、感覚的に英文法(そもそも言語は感覚的にやるものかな?)を覚えるためのとても良い本だと思いました!(Amazonレビューより)


English Grammar in Use


あの有名なRaymond Murphyによって書かれた英文文法書です。“英語を英語で学ぶ”ということを具現化した文法書です。中身も難しすぎずTOEIC500点くらいの人でも十分理解できる英語で、英語の文法に関して解説してあります。まだそのレベルは不安という人はその1つ下のレベル『Essential Grammar in Use』もありますので(こちらも全て英文記載)そちらから始めてみましょう。

内容は基本をしっかりとやってくれます!そして解説も英語であり、絵で表現されているため頭に入りやすいです。ebookを使えば音声も込みで学習できるので実践的!そして、普段日本語で会話するかもという文章も出てくるため、今度これ英語で話せるかもと思えます!(Amazonレビューより)



profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】