【留学するあなたへ贈る】留学に失敗する人の5つ共通点

留学

“留学で失敗する人の共通点”って何でしょう?そもそも失敗するとはどんなことなのでしょうか?

せっかく留学するなら失敗はしたくないですよね?どんなことをしない方がいいのか、どうやってそれを避けるのかを留学前に把握しておくのと知らないのでは大きく違います。

具体的な例も含めてぜひ参考にして留学を成功させましょう!

CONTENTS

  • 留学に失敗するとは?
  • 失敗する人の共通点
  • 失敗しないために必要なこと

エージェントを決めるの前のあなたに!


もう留学先、留学エージェントはお決まりですか?留学先も検討中の方はぜひSchool Withを参考にしてみてください。School Withは日本最大級の留学総合サイトで、英語圏と言われているアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアはもちろんのこと、フィリピンやフィジーなど今アツい留学先の情報も豊富にあります。

僕自身実際に留学する際に利用しましたし、なんといっても口コミが多くて参考になる情報が多いです!全てをオンライン上で行うこともできるので、留学の相談なんかも簡単にできちゃいます。

個人的にすごいなーと思ったのが「診断機能」という留学先をコンピューターが選んでくれる機能です!「おすすめの国都市診断」や「フィリピン学校診断」などとても面白かったです。

School Withはこちらからどうぞ!
↓↓↓
School Withで留学先を探す

そもそも”留学に失敗”とは?


留学に失敗するとはどんな状況のことを言うのでしょうか?

1番気になるポイントは“英語力の伸び”だと思います。自分の思った通りに英語力が伸びることはなかなかありませんが、英語力の伸びと留学の失敗は関連付けて考える人が多いです。もちろんその考え方は正解です。留学に行くのだから英語力の伸びを留学の成功、失敗の判断材料にすることは間違っていないと思います。

TOEICの点数で伸びを測る日本からの留学生が多いですが、半年から1年の留学で大体100-200点の伸びがあることが多いです。元々800点の人なんかは200点伸びることはまずありませんが、400点500点だった人が留学後に700点以上になることもありますので、一概には言えません。TOEICで測るのは個人的には嫌ですが100点以下の伸びの場合は英語力に関しては、失敗したと言えるのかもしれません。

英語力の伸びと並行して多くあげられるのが“金銭的”な部分です。留学はかなり多くの資金を必要とします。なので、途中で思っていたよりも出費が重なってしまい、最悪の場合帰国するしかなくなる、といった人も出てきます。実際に僕の周りにもいました。ここまで来ると英語力の伸び以上の失敗を感じてしまうことになります。

留学に失敗することの定義は人それぞれですが、自分が”失敗した!と思わない”ということは成功です。人にどう思われようと留学は自分のものですから、気にすることはありません。

では具体的にはどんなことをするとこの失敗に近づいてしまうのでしょうか?

失敗する人にはこんな共通点がある


少し具体的にどんな失敗例があるか見ていきましょう。

① 英語への執着心がない

“そもそもなぜ英語を勉強したいのか?”というコアな部分がぶれているとなかなか英語の勉強は気が向きません。”留学に失敗したなー”と言って帰国していく人たちの大半は目的意識が明確でない人です。逆に言うとここが明確になればより良い留学に一歩近づくということです。

今までけっこう英語の勉強をしてきた人はなかなか陥りにくいです。が、今まであまりしてきていない人が陥りやすいです。

② 周りが日本人だらけ

“留学で外国人の友達たくさん作るぞ!”と意気込んでいるあなた。現実はなかなか難しいですよ。もちろん外国人の友達もできます。でも日本人の友達グループが必ずあなたの近くにあります。

そこから距離を置けるかどうかがポイントです。海外の日本人の友達を増やしたい!という人は全然OKですが、日本人グループにいすぎて”失敗した!”と思う人も少なくないです。なかなかそこから抜けて外国人だけのグループに入っていくのは難しいです。

なぜかと言うと”楽”だからです。外国にいると余計日本語って楽なんですね。考えなくていいので(笑)

③ 環境への慣れ

これも留学に行くと感じると思います。もちろん最初の3か月では感じることはありません。半年など時間がたってくると留学への慣れと、自分が住んでいるところや学校への慣れなどいろんなことに慣れてきて怠惰になってくることがほとんどです。

なかなかモチベーションをずっと一定に保つのは難しいですね。どれだけ留学したかった、英語が好きという人でもやはり慣れは怖いものです。

④ シャイを打破できない

これも意外と多いです。“英語を話すのが恥ずかしい”という人です。日本人特有の感じはありますが、文法や単語があっているのか気にしながら話すのが日本人の特徴で、これを気にしながら話すが故にあまりみんなの前で話したがらない人が多いです。

実際に自分も留学中そうでした。日本人の前では”文法間違えてたらバカにされそうだなー”と思いながら過ごしていました。

この気持ちがあるのとないのではかなり大きな差です。これを打破してどんな時でも話せるようになると英語の成長はかなり早いです。逆にここで失敗してしまうとなかなかしんどいです。
英語は実践の場で話してなんぼなので、やはり”シャイ”なのは大きな障壁になってしまいます。

⑤ エージェントが最悪

留学前に決めてしまうことが多いのが、留学エージェント。もちろん良いエージェントもあれば、んーどうかなーと言ったエージェントもあります。

“留学エージェントってどこでも一緒って思っている人”が多いのが現状で、失敗してから気づく人が多いです。”エージェント”と簡単に言ってもそれぞれのエージェントで得意、不得意があるので1つ1つ全然違います。

大手は安心できるがサービスが高い、小規模なところは費用は抑えれるが安心かどうかはわからない。など大きな違いから小さな違いまでたくさんです。

自分がどんな留学を求めるのかをしっかり確認しながら選んだ方がいいかなと思います。



失敗しないために必要なこととは?


まず第一に来るのが“マインドセット”です。これは何より重要です。自分の心の持ちようですね。

留学はどうしても慣れてくると何事にも怠惰になってきてしまいます。勉強も最初はかなり頑張っていたのに少し勉強時間が減ってきたり、語学学校も少しさぼりぎみになったり、、、留学する前はあまり想像できないですよね?でも実際に起こります。最初はすごくやる気があったのに、語学学校にあまり来なくなる人もたくさんいます(学生ビザの場合は強制帰国の対象になります)。

心の持ちようが大部分を占めますが、もう1つは“学校選び、エージェント選び”です。これは本当に大事です。ここで失敗しても意外と気づかないのが留学の怖いところです。実際に留学に行ってしまうと、自分が置かれている環境が当たり前、このエージェントが普通、と思ってしまい、現状維持で留学が進んでいきます。もちろん学校を変えたりするのは難しいですが、もしその留学が失敗のゾーンにあるとしても気づかないのは怖くないですか?

エージェント選びは留学に行く前に事前にできることなので、ここでしっかり選んでおくことが大切です。大切なのですが、エージェントの良し悪しを見分けるのはなかなか難しいです。僕も実際にエージェント選びで失敗して現地についてからエージェントを変えることにしました。

そんなことにならないためにしっかりした情報収集をしておきましょう!

失敗しないエージェント選びとは?


世の中インターネットがある時代で、エージェントなんて探せばいくらでも出てきます。

そんな中から失敗しないためのエージェントを探さなければいけません。どうやって探すのがベストなのでしょうか?エージェント探しで失敗しないためにも知っておいた方がいいこともあります。

実際に留学エージェントをしている人から聞いた裏話も踏まえて大切なポイントを解説します。

  1. 現地サポートはどのような感じか
  2. 情報手数料など手数料が発生するところ
  3. エージェントを通した方が安いのは本当?
  4. カウンセラーとの相性が全て

留学エージェントに多いのが、“現地のサポートは現地の別の会社に任せる”と言った委託型のエージェントです。現地にオフィスあります!と謳っておいて、結局委託かよ!となりますが、別に悪いことではありません。現地にオフィスがないよりは全然ましです。それと同時に気を付けたいのが、自分が行く都市にあるかどうかです。“オーストラリア全土にオフィスあります”とあっても全土ってどこですか?ってちゃんと調べておきましょう。自分が行かない都市にあったとしてもしっかりサポートしてくれるオフィスであれば大丈夫だと思います。

情報手数料をとるエージェント。これはもうやめておきましょう!これこそ失敗です(笑)

エージェントを通さず自分でやった方が安いのでは?とよく質問がありますが、必ず安くなるわけではありません。学校によってはエージェントを通した方が安くなります。日本も正規の金額で買うよりスーパーで買った方が安いことありますよね?エージェントも同じで学校から”安くするから人集めて!”とお願いしているわけです。

一番大切なのは担当してくれるカウンセラーとの相性です。何社かエージェントを見ている人は気づくかもしれませんが、やっぱりカウンセラーとの相性は大切です。留学中もこの人が頼りなので、この人で大丈夫かどうかをしっかり検討してくださいね!

留学に失敗しないために色々な情報を持っておくことは大切ですので、しっかり調べながら情報収集してください!


オーストラリア留学、フィリピンからのオーストラリア留学専門のエージェントはアイエス留学がおすすめ!もちろん見積、手数料などはすべて無料!
実際にアイエスでオーストラリア留学をしてみましたが、他のエージェントと並行して利用していたため、その差はかなりわかりました。少数精鋭のエージェントで親切に対応してくれるのはもちろん、アドバイスも適格でした!ワーキングホリデーの相談にも乗ってくれます!
無料での相談もちろん受け付けてくれますので、まずは相談からスタート!
アイエス留学で無料相談!

profile

筆者
とっしー
  広島県広島市出身、大学時代にフィリピンでのボランティア活動を通して"英語でコミュニケーションができれば世界が変わる"と思い、フィリピンとオーストラリアへ2か国留学。   その後はその経験を活かして、"これから留学する人や旅をする人に少しでも+@になる情報を届けたい!"ということで気になる情報をWebでライティング(絶賛更新中)しております。    
【お問い合わせはこちらから!】